亜硝酸性窒素類(亜硝酸体窒素、硝酸体窒素)用浄水器
亜硝酸窒素は、畑地、水田、牧場あとの井水に出る事が多く、この成分を1/10の濃度に処理致します。
原因:農薬の窒素肥料が地中に浸み込んだり、畜産場での尿・排泄物等の溜まり水が、地下水に混入して酸化反応したものです。
  これを井戸から汲み上げて人が飲む事に成る訳です。弱い硝酸ですが、この井水を飲料とするには、 
  体によくないので、保健所の指導では、10/L 以上濃いとダメ!としております。
  ・・・ 多くのお客様の場合の例では、15mg/L くらい有り、 これを1〜1.5mg/L 以下に低下させて浄水致します。
    厄介な事に活性炭やミクロンフィルター、UF膜等では、亜硝酸性窒素類(亜硝酸体窒素、硝酸体窒素)は少しも除去出来ないのです。
    しかし、Ro逆浸透膜式装置では除去(約90%)出来ますので、以下の浄水器をご提案致します。
  RTB型 RFW型 Ru型
  RT型 RFW型浄水器 Rus型浄水器
採水量 200〜1400L/日 200〜400L/日 300〜600L/日
業販価格 ¥49,680〜¥137,160 ¥48,600〜¥64,800 ¥59,400〜¥70,200
       
  RXLB型 RD型  
  RXB型浄水器 R-D型浄水器  
採水量 1〜3トン/日 5〜30トン/日  
業販価格 ¥97,200〜¥270,000 ¥756,000〜¥2,700,000  
       
  ※定期的に数量をまとめて、お買い上げ頂ける業者様向けの価格です。(宅配扱い)
  ※全て 税込み価格です    H26.04.01改定
  ・業販価扱いとは・・・お客様自身が部品や工具をお持ちで、充分な経験の有る方です。
  ・価格の差は生産量や内容によって差が出ます。
  ・工事は別途費用と致します。
  ・詳しくは、環境テクノスまで御連絡下さい。
  個人の方には、TELや資料での案内等が必要なため約10%UPとお考え下さい。